南アフリカ

ルパート ロートシルト クラッシック 2011 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 定番,大人気

★凝縮感の香りと柔らかな口当たりの スタンダードライン★ クラシック 2011年 ■ルパート&ロートシルト■  ケープタウンから東に約50Km、美しい山に囲まれたFranschhoek(フランス人が住む角地)と呼ばれる土地に、1690年、フランスから移住したユグノー(プロテスタント)が開拓し、その生活の中心となったのが、現在ルパート&ロートシルトのワイナリーと畑があるフレデリックスベルク農場でした。 1986年、南アフリカの富豪で反アパルトヘイト活動にも尽力し、同国のワイン産業の近代化にも大きな功績を残したアントン・ルパート氏と、ボルドーでシャトー・ペイル・ルバードを経営するエドモン・ド・ロートシルト氏が共同でこの農場を買い取り、古いブドウを抜いてカベルネやメルロ、シャルドネに植え替えてワインづくりを開始しました。 1997年に「ルパート&ロートシルト」として公式に創業し、現在、両家の当主であるヨハン・ルパート氏とバンジャマン・ド・ロートシルト氏が連携を取り、積極的な投資で最新鋭の設備を備え、HACCEP、更には国内では初めてのISO14001を取得。畑でのリュット・レゾネ実践だけでなく、ワイナリーにおいても環境負荷の少ないワインづくりを行っています。 (・・・詳細&一覧 ) ■クラシック■  「クラシック」は、ルパート&ロートシルトのスタンダードのラインで、プラムやチェリー、桑の実を思わせる香りと、コリアンダーやスパイスの風味、エレガントな味わいの、若々しいタンニンと長く続く余韻が楽しめます。 ※正規輸入元取扱品です。 Repert & Rothschild / Classique2011 / South Africa Red Dry ルパート&ロートシルト クラシック 生産者 ルパート&ロートシルト 生産地 南アフリカ、コースタル地域ウエスタンケープ AOC ウエスタン・ケープ ブドウ品種 2010ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン60%  メルロ40% (※平均樹齢:9~18年) 2010 工 程 *2010年2月中旬から3月中旬に手摘み収穫。 *10,000Lのステンレスタンクで醗酵(20~25日間の果皮浸漬)。 *マロラクティック醗酵はフレンチオーク小樽で実施。 *フレンチオーク小樽(225L容量)で16ヵ月間熟成。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 濃いルビー色と、プラムやブルーベリー、バニラ、スパイスなどの凝縮感のある香りと柔らかな口当たりのスタイル。 料 理 スプリングボッグのヒレ肉のトリュフソース添えやオックステールの煮詰めた赤ワインソース添えが好相性だが、幅広い肉料理と相性が良い。

ルパート ロートシルト クラッシック 2011 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 定番,大人気 —— 1,900円

南アフリカ

ルパート ロートシルト バロン エドモンド 2010 年 楽フェス ポイント2倍 人気SALE,100%新品

Rupert&Rothschild <ルパート&ロートシルト> Baron Edmond/バロンエドモン2010 ■ワイナリー概要 ケープタウンから東に約50Km、美しい山に囲まれたFranschhoek(フランス人が住む角地)と呼ばれる土地が広がる。1690年、フランスから移住したユグノー(プロテスタント)がここを切り開き、その生活の中心となったのが、現在 ルパート&ロートシルトのワイナリーと畑があるフレデリックスベルク農場だった。1986年、南アフリカの富豪で反アパルトヘイト活動にも尽力し、同国のワイン産業の近代化にも大きな功績を残したアントン・ルパート氏と、ボルドーでシャトー・ペイル・ルバードを経営するエドモン・ド・ロートシルト氏が共同でこの農場を買い取り、古いぶどうを抜いてカベルネやメルロ、シャルドネに植え替えてワインづくりを開始。1997年に「ルパート&ロートシルト」として公式に創業した。(現在、両家の当主であるヨハン・ルパート氏とバンジャマン・ド・ロートシルト氏が連携を取っている)。 積極的な投資で最新鋭の設備を備え、HACCEP、更には国内では初めてのISO14001を取得。畑でのリュット・レゾネ実践だけでなく、ワイナリーにおいても環境負荷の少ないワインづくりを行っている。 ■Cellar Master: Schalk-Willem Joubert フランス、リヨン近郊から17世紀末に南アに移住してきたユグノーの一員、Joubert家の末裔。自身はこの土地で生まれ育ち、アメリカ・フランスでワインづくりを学んだ後、 1997年からR&Rのセラーマスターを務める。「畑で育ったぶどうの品質をまっすぐにワインに伝える」というポリシーを守り、ワインの品質に責任を持つ。 ■畑 R&Rでは南アフリカでも優良な6地域に自社畑、契約畑を持ち、ヴィンテージによって優れたぶどうのみを取得。 起伏の激しい地形と海からの風の影響、強い日差しのため、様々なマイクロクライメットを生み出すこの地域で、ヴィンテージによらず高品質のワインを作り出すためには最も有効な方法とされる。Schalk氏はじめ、ワインメーカーのYvonne Lester氏、栽培責任者のReiner Theron氏、そしてコンサルタントとして、この地を年4回訪れるMichelRolland氏が密接に畑の管理者と一緒に働き、優れた区画を選定して生育状況をつぶさにチェックする。摘葉・摘房から収穫まで、全ての作業は手作業で行われる。 アペレーション:ウェストケーフ 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン58% メルロ32%カベルネ・フラン10% エドモン・ド・ロートシルト男爵の名を冠した、フラッグシップワイン。所有、及び契約の畑の中で、そのヴィンテージで最も質の高いぶどうを生み出した畑を5~6つ抜き出し、そこで収穫されたぶどうのみを使う。ステンレスタンクでスキンコンタクトのまま20-28日かけて醗酵、樽に移してマロラクティック醗酵を行う。225Lのフレンチオーク新樽で18ヶ月熟成。 濃い色にチェリーや赤いスグリ、オーク由来のスパイス香。ローストしたコーヒー、タバコ、プラムとベリーなど、驚くような凝縮感のある味わいの層を持つ。 パワーと、バランス、エレガンスがハーモニーを奏でている。ラムや牛のフィレなど、脂身の少ない肉の料理や、熟成タイプのチーズとの相性が良い。

ルパート ロートシルト バロン エドモンド 2010 年 楽フェス ポイント2倍 人気SALE,100%新品 —— 3,100円