チリ

アルマヴィヴァ 2011 年 750ml ヴィーニャアルマヴィヴァ チリ赤 楽フェス ポイント2倍 大人気,豊富な

ヴィーニャ・アルマヴィヴァ アルマヴィヴァ 2011年 ■ヴィニャ・アルマヴィヴァ■  アルマヴィヴァは、1997年にチリの名ワイナリーの コンチャ・イ・トロ社 とボルドー・メドック地区第1級 CH.ムートン・ロートシルト のロートシルト男爵家とがフィフティー・フィフティーの出資で提携し、共同開発された「チリのボルドースタイル」のスーパー・プレミアム・ワインで、チリで生産されている最高の赤ワインとさえ評されています。 チリでも最も素晴らしいブドウ園の1つのマイポ・ヴァレーにあるプエンテ・アルトのブドウ園に40haのアルマヴィヴァ専用畑が用意されましたが、樹齢が若かったために、、初ヴィンテージの1996ヴィンテージは、コン・チャ・イ・トロ最高のキュヴェをフランスからきた醸造家パスカル・マルティによりブレンドし発表されました。 今後、専用畑の樹齢が上がるに連れ高品質なアルマヴィヴァが産出される期待は大きなものです。(・・・コンチャ・イ・トロ詳細&一覧 ) ■アルマヴィヴァ■  アルマヴィヴァとは、スペイン系の言葉でもあり、フランス古典文学にも関連しています。( アルマヴィヴァ伯爵は、 劇作家のピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ボーマルシェ(1372-1799) によって書かれ、 また、後に、モーツァルトの非凡な才能によりオペラにされた有名な「フィガロの結婚」の主人公です。) また、ラベルは、マプーチェ(チリのインディオ)文明の地球と宇宙の展望の象徴をデザイン化した3つの復刻でチリの先祖の歴史へ敬意を表し、マプーチェ族を象徴し儀式に用いられた楽器(太鼓)「kultrun(クルトゥルン)」がデザインされ、ボーマルシェ自身尾筆跡で「アルマヴィヴァ」と書かれています。(・・・アルマヴィヴァ一覧 ) ※注1:マプーチェ(Mapuche)  マプーチェ族は、チリ中部から南部にかけて生活する先住民族の中で、ビオビオ川以南に居住し、マプーチェとは「大地の主」という意味を持ち、そもそも「チリ」という国名はマプーチェの言葉で「地の果て」を意味します。  1541年以後のスペインの植民地政策にはげしく対抗し、チリ独立後も断続的に抵抗が続き、19世紀後半、1882年から翌年にかけて平定され、現在は150万人ほどがレドゥクシオンと呼ばれる共同体を形成し生活しています。 伝統を重んじギジャトゥン(Nguillatun)という祈願の儀式や様々な宗教的・世俗的な場で演奏が行われ、その際に用いられる太鼓のような楽器がクルトゥルンです。 ※注2:クルトゥルン(kultrun)  Cultrun、Kulxvnとも表記され、木の幹をお椀の蓋のような形にくり抜き、皮を張った太鼓で、儀式の時にMachi(Maci)やpijankuzeと言われるシャーマンがたたきます。  太鼓の皮にはマプーチェの世界観が血で描かれ、マプーチェを象徴する楽器といえます。 Almaviva 2011 / Cile Red Dry / アルマヴィヴァ 生産者 ヴィーニャ・アルマヴィヴァ 生産地 チリ中央部セントラル・ヴァレー地区マイポ・ヴァレー D O マイポ・ヴァレー 生産量 年平均:14,000ケース 畑の所在 プエンテ・アルテの南側40ha 平均樹齢 25年以上 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン84%、カルメネール/チリアン・メルロ11%、  カルネ・フラン3%、メルロ1%、プティ・ヴェルド1% ※カルメネール:  カルメネールは、古くボルドー由来の品種で、ボルドーではフィロキセラという害虫によってほぼ絶滅。 しかし、チリでは、フィロキセラ前の純粋なルーツのまま、今でも栽培され、「カルミネ=深紅色」の語源を持つカルメネールのワインには、特徴的な濃く美しい深紅の色調を意味するだけでなく、ブドウの葉も成熟とともに赤く色づくことから、「カルミネール」なるこの名前になったといわれています。 収 穫 手摘み収穫。 工 程 *ステンレス・タンクで26~31日間醗酵。 *フランス産オーク樽(新樽率100%)で17ヶ月間(2010ヴィンテージ)熟成。 諸処理 *So2の添加はビン詰め時極少量使用。 *清澄はするが、ろ過はしない。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 非常に濃い色合い、完熟したベリーの甘酸っぱい果実味、豊かなタンニンとアルコールを備えた男性的で力強いスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

アルマヴィヴァ 2011 年 750ml ヴィーニャアルマヴィヴァ チリ赤 楽フェス ポイント2倍 大人気,豊富な —— 12,800円

チリ

エラスリスエステートカベルネソーヴィニョン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大人気,格安

ヴィーニャ・エラスリス エステート・カベルネ・ソーヴィニョン 2013年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・カベルネ・ソーヴィニョン■  エステート・カベルネ・ソーヴィニョンに用いられるブドウは、アコンガグア・ヴァレーのエラスリスのウルトラ・プレミアム・ワイン、ドン・マキシミアーノ・エステートから、僅か数マイルの所に自社所有するエル・セイボ・エステート(1993年植樹)で育まれます。 この地域は地中海気候に特徴づけられ、ドン・マキシミアーノ・エステートより、やや涼しく、午後からの強い風が、 日中の暑さを和らげる夏を迎え、収穫前の数週間は20度ものの大きな気温差が生じ、結果、ポリフェノール(アントシアニン)の高い凝縮を奨励し、見事な強さの色を持つワインを造り上げます。(・・・エステート一覧) ※正規輸入元取扱品 Vina Errazuriz / Estate Cabernet Sauvignon 2013 / Chile Red Dry ヴィーニャ エラスリス エステート カベルネ ソーヴィニョン 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方 アコンカグア・ヴァレー地区エル・セイボ・エステート ※アコンカグア・ヴァレーのマックス・ファイヴ・ヴィンヤードは1993年に植樹されたブドウ園で、エラスリスを代表するフラッグシップのドン・マキシミアーノのブドウ園から数マイル離れたところの谷底に位置し、アコンカグア河により形成された薄い沖積土で覆われています。 D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン100% 収 穫 手摘み収穫。 工 程 *プラスティック製の箱でワイナリーに搬入。 *丁寧に圧搾し。 *ステンレスタンクへ移行し、即座に醗酵(26~28℃)。 *12~20日間の後醗酵実施(異なるブドウ園のブドウ果を用いているので)。 *1/3のワインをフランス産とアメリカ産オーク小樽で8ヶ月間熟成(タンニンと口当たりに円みを持たせるため)。 *最終ブレンドの後、ワインを安定化。 *軽いろ過処理を経て、瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 新鮮なブラックカラントの果実味と柔らかなヴァニラの風味に溢れる強く重厚なコクのあるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートカベルネソーヴィニョン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大人気,格安 —— 1,300円

チリ

エラスリスエステートサンジョヴェーゼ 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,最新作

★ブドウ栽培の聖地チリの新たな輝き★ ヴィーニャ・エラスリス エステート・サンジョヴェーゼ 2012年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・サンジョヴェーゼ■  エラスリスのエステート・シリーズに、『ブドウ栽培の聖地』と称されるチリのテロワールで 新たな輝きを放つサンジョヴェーゼが加わりました。 エステート・サンジョヴェーゼ2011ヴィンテージは、アコンカグア・ヴァレーのオコア(Ocoa)・ヴィンヤードのブドウ果を用いており、この地域は、太平洋から吹き付ける柔らかい午後の微風で冷やされた穏やかな夏の日中を伴う、長い乾期で特徴づけられます。 サンジョヴェーゼは、北西に面した5度の斜面に植えられ、砂利質砂質粘土の土壌が素晴らしい水捌けをもたらし、オコア・ヴィンヤードでは、ドリップ式灌漑、高密度の植樹、棘の除去、垂直式垣根を取り入れています。 また、サンジョヴェーゼは1994年に植えられ、主にサンジョヴェーゼ・ピッコロとも呼ばれるR24クローンが主体で、小粒な果実と鮮烈なベリー果の個性が特徴です。 さらに、より小さな区画にR10クローンを植え、若枝が垂直に伸びるように格子を設置しています。(・・・エステート一覧 ) ※チリ赤2012ヴィンテージ情報: Vina Errazuriz / Estate Sangiovese 2012 / Chile Red Dry ヴィーニャ エラスリス エステート サンジョヴェーゼ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレー地区オコアヴィンヤード D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 サンジョヴェーゼ 工 程 *手摘み収穫後、除梗・破砕・圧搾。 *選別した酵母で醗酵(24~28度)。 *10日間の果皮浸漬。 *フランス産とアメリカ産のオーク小樽で約8か月の熟成。 *最終ブレンドのあと、低温静置。 *瓶詰め前に、軽いろ過処理実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 熟度の高い果実味と高めな綺麗な酸味の、エラスリスらしい品位に溢れるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートサンジョヴェーゼ 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,最新作 —— 1,300円

チリ

エラスリスエステートシャルドネ 2014 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,低価

ヴィーニャ・エラスリス エステート・シャルドネ 2014年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・シャルドネ■  エステート・シャルドネに用いられるブドウが栽培されるラ・エスクルトゥーラ・エステート(La Escultura Estate)は、カサブランカ・ヴァレーの大西洋から僅か20km離れた所に位置し、表の深いローム層砂質土壌で、また、年間の気温を加減する海岸の影響(太平洋を北上する フンボルト寒流の影響を受け、夏でも最高気温 26 ℃ぐらいと涼しい)を受けています。 この気象条件は、容易に緩やかな成熟を可能にする新鮮な潮風があり、それゆえにブドウ果の芳香と風味の保持をもたらし、望ましい酸の水準を保証し、これら全ての特徴が冷涼な気候を好む品種(シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン等)にとって理想的なテロワールで、カサブランカ・ヴァレーを特別な場所に仕立てています。 ラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤードは1992年と1994年の両年に、花崗岩土壌と低い活力の可能性に、ドリップ式灌漑で、垂直仕立てで植樹され、細やかなミネラルが味わいに深みを与え、バランスの良い酸が、熟した果実感を上品に際立たせた、ストラクチャーの優れた白ワインが生まれています。(・・・エステート一覧 ) ※正規品 Vina Errazuriz / Estate Chardonnay 2014 / Chile White Dry ヴィーニャ エラスリス エステート シャルドネ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレー地区ラ・エスクルトゥーラ・エステート D O カサブランカ・ヴァレー ブドウ品種 シャルドネ100%(1992年と1994年植樹) 工 程 *手摘み収穫後、容器に入れてワイナリーへ搬入。*ワイナリーに搬入し、ブドウのほとんどを房のまま丸ごと圧搾し、残りは除梗後、注意深く緩やかに破砕。 *清潔な果汁は醗酵させ、幾らかは品質の特異性によって分離。 *ワインの77%をステンレスタンクで、23%をフレンチ・オーク樽で低温醗酵。 *マロラクティック醗酵は最終ブレンドでは実施せず。 タイプ 白の辛口 特 徴 細やかなミネラルが味わいに深みを与え、バランスの良い酸が、熟した果実感を上品に際立たせているスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートシャルドネ 2014 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,低価 —— 1,300円

チリ

エラスリスエステートシラー 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作登場,得価

★典型的な趣の爽やかで愉快な口当たり★ ヴィーニャ・エラスリス エステート・シラー 2012年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・シラー■  チリのシラーは、エラスリスによって、1993年にフランスのコート・デュ・ローヌ地方のエルミタージュからチリで初めて苗木を植樹され、チリのシラーの歴史に新たな価値を与え、至高のワインへと導きました。 エステート・シリーズのシラーは、昼夜の寒暖差があり、ブドウのゆっくりとした成熟が望めるアコンカグア・ヴァレーの自社畑の中でも厳選されたブドウ みを使用して、ドリップ式灌漑でしっかりと水分量を管理し、低収量でバランス の良く、鮮やかな色合いのブドウを収穫し、鮮やかな色合いが印象的な、黒い果実味と甘いスパイス風味のしっかりした赤ワインを産出していjます。(・・・エステート・シリーズ一覧 ) Vina Errazuriz / Estate Syrah 2012 / Chile Red Dry ヴィーニャ エラスリス エステート シラー 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレー地区オコアヴィンヤード D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 シラー100% タイプ 赤のフルボディ 特 徴 鮮やかな色合い、黒い果実と甘いスパイスの芳香とシラー特有の肉の趣のあるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートシラー 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作登場,得価 —— 1,300円

チリ

エラスリスエステートソーヴィニョンブラン 2014 年 750ml 対応 関東 対応 北陸 対応 東海 対応 関西 対応 中国 対応 四国 対応 九州 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 本物保証,100%新品

★薫り高い優美と新鮮な酸の活き活きした作品★ ワイン王国★超特選ベストバイワイン 「五ツ星」獲得銘柄 ヴィーニャ・エラスリス エステート・ソーヴィニョン・ブラン 2014年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・ソーヴィニョン・ブラン■  エステート・ソーヴィニョン・ブランに用いられるブドウが栽培されるアコンカグアのコスタ(COAST)・ヴィンヤードは、いくつもの丘陵地を切り拓いて、2005 年から植樹を開始したブドウ園です。 フンボルト寒流が流れる太平洋から12km と近く、カサブランカ・ ヴァレーより平均積算温度が約280度少なく、朝晩の寒暖差が大きいクール・クライメットの畑で、冷涼な気候のワインのブドウ品種(ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール、シラー、メルロ)の生育に理想的です。 ソーヴィニョン・ブランは、クローン1、107、376と242が植えられており、ドリップ式灌漑システムと垂直式で仕立てられています。 また、表土から約30cmの深さにスレート状のシストの岩盤 があり、岩盤上に粘土質のローム層が堆積する土壌で、「ピサラ(Pizarra)」と呼ばれるシストの岩盤層は、ローヌ地方やプリオラートでも見られる母岩 で、砕けやすく排水性に優れ、ブドウの根が割れた岩の隙間からさらに地中深く伸び、豊富なミネラルを吸収しやすく、ワインに豊かなミネラルをもたらします。(・・・エステート一覧 ) ※チリ2014ヴィンテージ情報:   ※正規輸入元取扱品です。 Vina Errazuriz / Estate Sauvignon Blanc 2014 / Chile White Dry ヴィーニャ エラスリス エステート ソーヴィニョン ブラン 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレー地区コースタ・ヴィンヤード ※アコンカグア・ヴァレーのコースタ・ヴィンヤードは2005年から植樹されたブドウ園で、寒流の影響を受け、夏でも涼しいのが特徴。 D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 ソーヴィニョン・ソーヴィニョン タイプ 白の辛口 特 徴 バランスの良い酸とキレが良く、クリーンな余韻が特徴的スタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートソーヴィニョンブラン 2014 年 750ml 対応 関東 対応 北陸 対応 東海 対応 関西 対応 中国 対応 四国 対応 九州 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 本物保証,100%新品 —— 1,300円

チリ

エラスリスエステートメルロ 2013 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 低価,人気SALE

★心地よい口当たりと愉快な余韻★ ヴィーニャ・エラスリス エステート・メルロ 2013年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・メルロ■   エラスリス・エステートのメルには、セントラル・ヴァレー(クリコやラペルを含む)にあるブドウ園で栽培されたブドウが用いられており、これらの地域は、冷涼で多雨な冬と長く乾燥した生育シーズン、温暖な日中と冷涼な夜間、そして頻繁な朝霧が特徴的な良く似た気候を共有し、このような日中の暑さと涼しい夜の組み合わせは、ブドウ果がゆっくりと成熟し、強烈な風味と上質な凝縮をもたらすことを補助します。 クリコ・ヴァレーにある砂質でローム層の広がる土壌のエルデスカンソー・エステートのメルロを中心に、果実味豊かな、ブドウの特徴がよく生かされたチャーミングなワインが造られています。(・・・エステート一覧) Vina Errazuriz / Estate Merlot 2013 / Chile Red Dry ヴィーニャ エラスリス エステート メルロ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部セントラル・ヴァレー地方クリコ・ヴァレー地区エルデスカンソー・エステート D O クリコ・ヴァレー ブドウ品種 メルロ100% 収 穫 手摘み収穫。(2013年4月実施) タイプ 赤のフルボディ 特 徴 熟したレッドチェリー、ストロベリー、カシス、レッドベリーとブラックベリーの果実香にオークやヴァニラ風味、ミネラル感、チョコレート風味の加わる、クリーンな果実味に溢れるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスエステートメルロ 2013 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 低価,人気SALE —— 1,300円

チリ

エラスリスマックスレゼルヴァカベルネソーヴィニヨン 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 定番,HOT

エラスリス マックス・レゼルヴァ カベルネ ソーヴィニョン  2012年 ■エラスリス■  エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ「カベルネ・ソーヴィニョン」■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤード(マックス1から6)に因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤードのブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズには、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラーの3つの赤ワインとシャルドネの白ワインの4アイテムが造られ、穏やかな暖かな夏の日中と午後に吹く涼しい微風の地中海性気候のアコンカグア・ヴァレーに位置するエラスリスの自社畑のブドウが用いられています。 マックス・レセルヴァ・カベルネ・ソーヴィニョンは アコンカグア・カベルネの実力が結集した1本 と高い評価を得ており、適度に温かい夏の日中と冷涼な午後の微風が特徴の地中海性気候地域のアコンカグア・ヴァレーのエラスリスのマックス・ヴィンヤードの砂礫や砂利の多い粘土質の5度の傾斜の斜面で育まれ、水捌けが良いため自然に低収量となり、エレガントな複雑味に富んだブドウとなり、芳香の豊かな凝縮された果実味を備えたワインが造られています。 メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています Errazuriz / Max Reserva Cabernet Sauvignon 2012 Chili Red Dry エラスリス マックス レゼルヴァ カベルネ ソーヴィニョン 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方 D O アコンカグア・ヴァレー 年間生産量 ブドウ品種 2010ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン85%  カベルネ・フラン15%              収 穫 早朝に精選し手摘み収穫注意深くワイナリーに運搬。 諸処理 *醗酵中に1日3回のポンピングオーバー(液循環作業)実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 濃い深みのある色、赤や黒の果実や西洋杉、スパイスなどカベルネソーヴィニョン特有の個性に溢れるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスマックスレゼルヴァカベルネソーヴィニヨン 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 定番,HOT —— 2,000円

チリ

エラスリスマックスレゼルヴァカルメネール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,品質保証

★のびやかな質感の官能的でジューシーな作品★ ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・カルメネール  2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ「メルロ」■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤードに因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤードのブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズは、5つの赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラー、ピノ・ノワール、 カルメネール )と2つの白ワイン(シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン)が造られていますが、いずれも穏やかな暖かな夏の日中と午後に吹く涼しい微風の地中海性気候のアコンカグア・ヴァレーに位置するエラスリスの自社畑のブドウが用いられています。 世界でも最もカルメネールに適した気候のアコンカグア・ヴァレーの特性を反映して、タンニンまでしっかりと熟し、なお且つ、酸も高いレベルで保たれたカルメネールが誕生しています。 マックス・レゼルヴァ・カルメネールには、 3つのマックス・ヴィンヤード(V・VI・VII) で栽培されたカルメネールを用いて、シルクのように滑らかしなやか、よく熟した柔らかな広がりの中に黒い果実やスパイスの濃密、かつ上品な香りが立ち込めるワインが造られ、それは、 カルメネールのお手本とも言うべきワイン と高く評価されています。 。(・・・マックス一覧 ) ※マックス(MAX)V  アコンカグア川沿いに広がる沖積土壌で、平坦な土地のため、タンニンはマイルドなものに育ち、 また、MAX V はドン・マキシミアーノ・エステートの中でも涼しい気候のため、エレガントなブドウが生育。  *植樹品種:赤/ カルメネール 、カベルネ・ソーヴィニョン、             シラー  *ワイン:KAI 、シラーズ・ラ・クンブレ、        マックス・レゼルヴァ・カルメネール 、       マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニョン ※マックス(MAX)VI  2006年に植樹し、MAXの中で最も西側(海に近い)畑で、 地元の言葉で「風」を意味する Llay Llay(ヤイヤイ)と呼ばれる地の名前通り、風通しが良く涼しい気候。  *植樹品種:赤/カルメネール  *ワイン: マックス・レゼルヴァ・カルメネール ※マックス(MAX)VII  2009年に植樹し、太平なだらかな斜面と平地で構成されており、MAXの畑の中で最も内陸部(アンデス山脈寄りの東)にあり、最も気温が高くなる畑。 近くのロスアンテス山からの崩石土壌、アコンカ グア川からの沖積土壌が混じり、表土は石灰岩が混じり白い大地 のため、「Tierras Blancas」(白い大地)と呼ばれる 。    *植樹品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、 カルメネール 、         プチ・ヴェルド、ムールヴェードル、         グルナッシュ、テンプラニーリョ  *ワイン: マックス・レゼルヴァ・カルメネール ※チリ2011ヴィンテージ情報:  チリの2011ヴィンテージは前年のように低気温と低収穫量に特徴づけられたものの、メルロは比較的低めの凝縮で低いアルコールととても上質な酸を伴った果汁から、深い活き活きとした色合いとキレが良く、バランス良好で、鮮烈な果実味を備えた赤ワインが誕生。 メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています ※正規輸入元取扱品 Vina Errazuriz / Max Reserva Carmenere 2011 / Chili Red Dry ヴィニャ エラスリス マックス レゼルヴァ カルメネール 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレーのエラスリス所有のマックスヴィンヤードV・VI・VII D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 2011ヴィンテージ:カルメネール100% 2011 生産工程 *早朝に手摘み収穫。 *ブドウ果を2度に渡って厳しく選別。 *優しく破砕して、ステンレスタンクに移行。 *全量の68%を醗酵の前に低温浸漬。 *選別酵母を用いて26~28℃でアルコール醗酵(この間、定期的にポンプオーヴァー/果帽と果皮の液循環作業実施)。 *マセラシオン(浸漬)はロットに依るが計13~32日間。 *ワイン全量の80%をフランス産オーク樽で、20%をアメリカ産オーク小樽(新樽率:20%)を12か月間熟成。樽熟成(新樽使用率 20%) タイプ 赤のフルボディ 特 徴 シルクのように滑らかしなやか、よく熟した柔らかな広がりの中に黒い果実やスパイスの濃密、かつ上品な香りが立ち込めるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 2011 ヴィンテージ 情報 アドヴォケイト誌ヴィンテージガイド:未 WS誌ヴィンテージチャート(赤ワイン):点   アドヴォケイト誌/Jay Miller氏評価():未   スペクテーター誌評価()未   ワイナリーコメント: *2011ヴィンテージ  2009-2010年のシーズンのように、2010-2011年のシーズンは低気温と低収穫量に特徴づけられましたが、しかしながら、前シーズンと違って、量的にも分布的にも概してブドウの健康に影響を及ぼさなかったけれども、この年は霜も降りず、降水量も多くありませんでした。 われわれのブドウ園の観察記録によれば、このシーズンはフェノールの成熟と酸に関しては遅れましたが、糖分に関しては例年よりも早いと要約できます。 この結果として糖の充填は非常に早くに停止し、比較的低めの凝縮で低いアルコールととても上質な酸を伴った果汁となり、深い活き活きとした色合いとキレが良く、バランス良好で、鮮烈な果実味を備えたワインへ移行しました。 *ヴィンヤード  マックス・レゼルヴァ・カルメネールのブドウはMAX V・VI・ VIIの3 つの畑で栽培されています。 砂質のローム層土壌で、乾燥した暑い夏が特徴の地中海性気候を持つが、午後からアンデス山脈から吹き下ろす強い風が、日中の暑さを和らげ、さらに、朝晩の大きな寒暖差によってブドウの成熟がゆっくり 進み、ブドウ果は酸をしっかりと保ちやすくなります。 豊富な日照量と高い積算温度、晩熟のため長いハングタイムを必要とするカルメネールは、年間降水量が約 250mmと極めて 少なく、ブドウの生育期に雨の降らないアコンカグア・ヴァレーが 世界で最も理想的な気候条件にあるため、一般的には 青みや酸が低めとなりやすい品種のカルメネールですが、 アコンカグア・ヴァレーでは、ブドウはタンニンまでしっかりと熟し、なお且つ、酸も高いレベルで保たれたカルメネールが生まれます。 *2011’Sテイスティング  濃いバイオレットの色を呈し、スパイス、黒系の果実の香りに黒コショウ、オークに起因する トースト香が立ちもめ、シルクのように滑らかで伸びや かな質感の、官能的でジューシーな味わいで、タンニンはソフトでワインには大らかな余裕が感じられ、同時に、極めて凝縮度の高いシリアスさをも合わせ持っています。

エラスリスマックスレゼルヴァカルメネール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,品質保証 —— 2,000円

チリ

エラスリスマックスレゼルヴァシャルドネ 2013 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 新品,100%新品

★テロワールに起源するシャルドネの素晴らしい典型★ ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・シャルドネ  2013年(750ml) ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ「シャルドネ」■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤード(マックス1から6)に因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤードのブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズには、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラーの3つの赤ワインとシャルドネの白ワインの4アイテムが造られ、穏やかな暖かな夏の日中と午後に吹く涼しい微風の地中海性気候のアコンカグア・ヴァレーに位置するエラスリスの自社畑のブドウが用いられています。 マックス・レゼルヴァ・シャルドネに用いているブドウは、太平洋からちょうど数マイル離れたからカサブランカ・ヴァレーにエラスリスが所有する ラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤード で育まれています。 ※ラ・エスクルトゥーラ・エステート La Escultura Estate (From Casablanca valley)  カサブランカ・ヴァレーは、1990年代に高品質な白ワイン用生産地として開発され、砂質のローム層で樹勢が低めになる土壌で、また、夏でも最高気温が 26℃程と涼しく、太平洋から流れ込む冷たい海風によって、ブドウはゆっくりと成熟するため、酸をしっかりと保ちやすく、そのため、厚みと酸のボリュームがバランスするようなブドウが育ちます。  *植樹品種:白/ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、             セミヨン、ゲヴュルツトラミネール          赤/ピノ・ノワール  *ワイン: マックス・レゼルヴァ・シャルドネ 、マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール このカサブランカ・ヴァレーの素晴らしい気候の恩恵を得たマックス・レゼルヴァ・シャルドネは、一部のマロラクティック醗酵とオーク樽に依る熟成で補い、酸と新鮮な果実味に完璧なバランスの、クリームの豊富な層を伴った素晴らしく、新鮮で活力に溢れるワインとなっています。(・・・マックス一覧 ) ※正規輸入元取扱い品 Errazuriz Max Reserva Chardonnay 2013 / Chili White Dry エラスリス マックス レゼルヴァ シャルドネ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレーのラ・エスクルトゥーラ・エステート D O カサブランカ・ヴァレー ブドウ品種 シャルドネ100%  (※自社所有のラ・エスクルトゥーラ・エステート産) 諸処理 *マロラクティック醗酵中にポンピングオーバー(果帽の液中循環作業)実施。 タイプ 白の辛口 特 徴 酸と新鮮な果実の完璧なバランスとクリームの豊富な層を伴った素晴らしく、新鮮で活力に溢れるスタイル。 料 理 木樽を用いたワインには、バターソースを使った魚料理や牛タンや和牛の塩焼き、とんかつやフライド・チキンなどの家庭料理とも合わせ易い。

エラスリスマックスレゼルヴァシャルドネ 2013 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 新品,100%新品 —— 2,000円

チリ

エラスリスマックスレゼルヴァソーヴィニョンブラン 2012 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作入荷,格安

★薫り高い鮮やかな風味と爽やかで新鮮味溢れる 偉大な保証を示す作品★ ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・ソーヴィニョン・ブラン 2012年(750ml) ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ「ソーヴィニョン・ブラン」■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤード(マックス1から6)に因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤードのブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズには、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラーの3つの赤ワインとシャルドネの白ワインの4アイテムが造られ、穏やかな暖かな夏の日中と午後に吹く涼しい微風の地中海性気候のアコンカグア・ヴァレーに位置するエラスリスの自社畑のブドウが用いられています。 マックス・レゼルヴァ・ソーヴィニョン・ブランに用いているブドウは、2012ヴィンテージより、太平洋からちょうど12km離れたからマンサナール村にエラスリスが所有する マンサナール・ヴィンヤード で育まれています。 ※アコンカグア・コースタ Aconcagua Coast  アコンカグア・コースタは、フンボルト寒流が流れる太平洋から12kmのマンサナール村に、いくつもの丘陵地を切り拓いて、2005年から植樹を開始。 カサブランカ・ ヴァレイより平均積算温度が約 280度少なく、朝晩の寒暖差が大きいクール・クライメットの畑。 表土から約30cmの深さにスレート状のシストの岩盤があり、岩盤上に粘土質のローム層が堆積する土壌で、「ピサラ(Pizarra)」と呼ばれるシストの岩盤層は、ローヌ地方やプリオラートでも見られる母岩で、砕けやすく排水性に優れ、ブドウの根が割れた岩の隙間からさらに地中深く伸び、豊富なミネラルを吸収しやすい。 。    *植樹品種:白/ ソーヴィニヨン・ブラン 、シャルドネ           赤/ピノ・ノワール、シラー、メルロ  *ワイン: マックス・レゼルヴァ・ソーヴィニョン・ブラン 、ラ・クンブレ このアコンカグア・コースタの丘陵地の涼しい気候とシストを含む土壌が、チリのソーヴィニョン・ブランの認識を新たにして、畑の個性が反映されたミネラル感あふれる清々しい華やかな白ワインを産出しています。(・・・マックス一覧 ) ※チリ2012ヴィンテージ情報:   ※WA:90点  (詳細は下方に) ※正規輸入元取扱い品 Errazuriz Max Reserva Sauvignon Blanc 2012 / Chili White Dry エラスリス マックス レゼルヴァ ソーヴィニョン ブラン 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレー(アコンカグア・コースタ)のマンサナール・ヴィンヤード D O アコンカグア・コースタ(アコンカグア・ヴァレー) 生産量 ブドウ品種 2012ヴィンテージ:ソーヴィニョン・ブラン100%  (※自社所有のラ・エスクルトゥーラ・エステート産) 2012 工 程 *2012年2月29日~3月12日の早朝に手摘み収穫。 *ワイナリーへ搬入。 *除梗後、破砕、圧搾。 *ステンレスタンク(12~15度)で、特別に選び抜かれた酵母を用いて醗酵。 *ブドウ果が酸素と接触しないように、工程の各々の段階で特別な注意を払う。 *3か月間澱とともに静置。 タイプ 白の辛口 特 徴 気候と土地の個性が反映したミネラル感あふれる清々しい華やかなスタイル。 料 理 木樽を用いたワインには、バターソースを使った魚料理や牛タンや和牛の塩焼き、とんかつやフライド・チキンなどの家庭料理とも合わせ易い。 2012 ヴィンテージ 情報 WAヴィンテージガイド:点 WSヴィンテージチャート(赤ワイン) :87~90点   アドヴォケイト誌評価(Neal Martin氏/2012.12):90点  出たばかりの2012ヴィンテージは、 偉大な保証を示して おり、活き活きとして桃のような芳香には大きな定義と活力(生長力)が備わり、口に含むと、 キレのある爽やかな酸、生き生きとしてライムの混じった果実味があり、洗練されて清らかでキレの良い余韻今年(2012年)の後半に入手可能になるとき、探すだけの価値がなければなりません。 予想飲み頃は、2013年から2017年あたり。 ワイナリーコメント *2012ヴィンテージ  2011-2012年のこのシーズンは前の3シーズンのどれよりも暖かく、いつになく、2月が、むしろ1月よりも最も暖かく、平均の最高気温が26度でした。 3月と4月の積算温度は前のシーズンに類似していて、計1,276度日に達し、降水は2011年10月に集中し、2011年10月から2012年4月を通した合計がちょうど32.3mmで、水不足とともに健全なシーズンになり、主に地所の貯水から灌漑する必要に至りました。 シーズンの暖かかった条件のために、その他の年と比較してブドウ果は成熟期間に糖分を急いで早期に蓄積したので、適正な酸と品種の表情を保護するために例年よりも10~12日早く収穫する必要が生じました。 結果として、ソーヴィニョン・ブランは品種の果実の香りの特質とハーブのグリーンチリペッパーやトマトの葉の趣の間で上質なバランスを備え、素晴らしい円みの口当たりが正確な酸味を示しています。 *ヴィンヤード  マックス・レゼルヴァ・アコンカグア・コースタ・ソーヴィニョン・ブラン2012のブドウは、エラスリスのマンサナール・ヴィンヤード(太平洋からちょうど12kmに位置)からもたらされたものです。 1月の平均気温が18.4度だったシーズンの間の積算温度が1,191度日で、ブドウは、シストと呼ばれる変成岩を伴う粘土質の層の上に深さ30cmの粘土質ロームの構造の土壌とともに標高100~200mの高地で栽培されており、これらの独特な個性は冷涼な気候(クール・クライメット)を好むブドウ品種にとって理想的です。 ブドウ園ではドリップ式灌漑と垂直仕立て実行し、60haは2005年にクローン1、107、376と242が、20haには2009年にクローン242が植えられています。 降水は雨は冬の数か月間で、夏の日中は朝霧と午後の冷たい微風を伴って適度に暖かく、粘土質と変成岩(シスト)の基礎の上のローム質の薄い層の土壌は、これらのヴィンヤードのワインにミネラル風味をもたらします。 *2012’Sテイスティング  明るい黄色を呈し、もの凄い薫り高い鮮烈さと披露し、グリーン・チリ・ペッパーを思い出すハーブっぽっさで縁取られたライムやグレープフルーツの柑橘類のような特徴があり、それらすべてが、ヴィンヤードのテロワールの個性であるミネラルのヴェールで枠どられています。 口の中でボディと柔らかさがあり、爽やかな酸と新鮮味とジューシーさが長い余韻に感じられます。

エラスリスマックスレゼルヴァソーヴィニョンブラン 2012 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作入荷,格安 —— 2,000円

チリ

エラスリスマックスレゼルヴァピノノワール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 定番人気,人気セール

★甘い芳香、爽やかな酸味、滑らかな口当たり★ ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール 2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤードに因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤード(現在、I ~ VII )のブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズは、5つの赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カルメネール、シラー、ピノ・ノワール)と2つの白ワイン(シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン)が造られています。 マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワールに用いるブドウは、アコンカグア・ヴァレーのマックス・ヴィンヤードではなく、フンボルト寒流が流れる太平洋から32kmの地点にある、カサブランカ・ヴァレーの ラ・エスクルトゥーラ・エステート で栽培されています。 ※ラ・エスクルトゥーラ・エステート La Escultura Estate (From Casablanca valley)   カサブランカ・ヴァレーは、1990年代に高品質な白ワイン用生産地として開発され、砂質のローム層で樹勢が低めになる土壌で、また、夏でも最高気温が 26℃程と涼しく、太平洋から流れ込む冷たい海風によって、ブドウはゆっくりと成熟するため、酸をしっかりと保ちやすく、そのため、厚みと酸のボリュームがバランスするようなブドウが育ちます。  *植樹品種:白/ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、             セミヨン、ゲヴュルツトラミネール          赤/ ピノ・ノワール  *ワイン:マックス・レゼルヴァ・シャルドネ、 マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール   また、エラスリスでは、長年の課題としていたピノ・ノワールの品質向上を長年の課題としていました。 そこで、醸造チームがブルゴーニュにわたり、コシュ・デュリやアンリ・グージュ、ルイ・ジャド等を訪問し、醸造面だけでなく、ピノ・ノワールの栽培について重点的に学び、理解を深めました。 また、『ラ・ロマネ』を所有する、ヴォーヌ・ロマネの名門リジェ・ベレールの7代目当主であり、かのアンリ・ジャイエ氏にアドバイスを受けたルイ・ミッシェル・リジェ・ベレール氏をコンサルタントとして招聘し、より繊細で気品あるピノ・ノワールのスタイルへと進化の歩みを始めています。(・・・マックス一覧 ) ※チリ2011ヴィンテージ情報:  チリの2011ヴィンテージは前年のように低気温と低収穫量に特徴づけられたものの、清潔な果実が収穫され、早期のリリースで新鮮味とエレガントな個性を示す赤ワインが誕生。 ※正規代理店取扱品です。 Vina Errazuriz / Max Reserva Pinot Noir2011 / Chile Red Dry エラスリス マックス レゼルヴァ ピノノワール 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレー地区ラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤード D O カサブランカ・ヴァレー ブドウ品種 2011ヴィンテージ:ピノ・ノワール100%(ラ・エスクルトゥーラ産) 2011 生産工程 *手摘み収穫(2011年3月初めの2週間)。 *12kg容量の小さな箱に入れて運搬。 *丁寧に除梗。 *3~7日間の低温(8度)浸漬実施。 *上部開放式タンクでアルコール醗酵を計13~20日間実施(後醗酵マセラシオン/果皮浸漬含む)。 *フランス産オーク小樽(新樽率5%)で9か月間熟成。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 ブルゴーニュワインを思わせる硬質で透明感のある酸とミネラル、ふっくらとしてチャーミングな果実味との心地よいバランスを備えたスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 2011 ヴィンテージ 情報 アドヴォケイト誌ヴィンテージガイド:88点 WS誌ヴィンテージチャート(チリ赤ワイン):87~90点  チリの2011年シーズンは、著しく涼しくて曇りがちだったので、収穫量は低かったが、清潔な果実が収穫され、早期のリリースで新鮮味とエレガントな個性を示す赤ワインが誕生。 ワイナリーコメント *2011ヴィンテージ  ラ・エスクトゥーラの平均気温は、前シーズンよりも高く、過去3年間の平均よりも高いものでした。 いくつかの品種を観察したところ、2009年11月の低気温だったために、2010年の春に芽吹いた新芽の乏しい誘発の結果として主に生産量の減少が生じました。 この問題は、2010年の非常に寒かった春と結びついており、芽吹きや結実の差別に影響を及ぼし、粒が少なめのベリー果の軽めな房をもたらしました。 白ブドウの品質に関しては、このシーズンの収穫にとっての挑戦が基本で、一方では、収穫のあまりにも長い遅れやいくらかバラついたフェノールの成熟を回避する必要があり、そして他方では、潜在的なフェノールと苦みの風味をを避けるためにマセラシオンを回避しました。 ワインの品質においてこのシーズンの影響に関しては、白品種は、鮮烈でとても上質な酸を備えた見事な果実を実らせ、新鮮でジューシーな白ワインに反映しました。 *ヴィンヤード  マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール2011のブドウは、サンティアゴの市街地の西、カサブランカ・ヴァレーの太平洋からちょうど32kmのところの沿岸に所有するラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤード(冷涼な気候のテロワール)で栽培されたもので沿岸の影響は、根が地中深く成長し探究することを可能にする成熟シーズンの気温を和らげる土壌となり、それはブドウ樹の均一な成長と最高品質のブドウ果へ導きます。 冷涼な気候は、高い酸と摘みたての赤い果実の表情の発達を促進し、ブドウ園ではドリップ式灌漑とブドウ樹の垂直仕立ての含んだ技術管理を行っています。 *2011’sテイスティング  強烈に鮮やかなルビーの赤い色をして、軽めなタバコと湿った大地の風味と一緒にバラの実、チェリー、ザクロの実を思い出させる甘い芳香を放ち、適度な重さと見事な継ぎ目のない滑らかな口当たりで、爽やかな酸味がワインに勇気を加え、全てが微妙なスパイシーで煙っぽい趣で枠どられています。 口の中では上等な持続性が感じられ、この若いワインはボトルの中で5~7年は十分に熟成するでしょう。

エラスリスマックスレゼルヴァピノノワール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 定番人気,人気セール —— 2,000円

チリ

エラスリスヴィニェドチャドウィック 2011 年 750ml チリ 赤 楽フェス ポイント2倍 人気,人気セール

エラスリス ヴィニェド・チャドウィック 2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■ヴィニェド・チャドウィック■  ヴィニェド・チャドウィックはエラスリス社が手がける5つのシリーズ(「セーニャ」「エラスリス(ドン・マキシミアーノなど)」「カリテラ」)の一つで、伝統と技術を結集させたウルトラ・プレミアム・ワインを造りたいという故ドン・アルフォンス・チャドウィック・エラスリスと一族の長い間胸に大切に抱いてきた願いそのものとして生まれました。 アンデス山脈の麓のマイポ河の北岸に沿って、チリの首都サンテイエゴの南東のはずれにあるプエント・アルトにあるヴィニェド・チャドウィックのブドウ畑から、ソフトなタンニン、ベリー系の果実の香り、力強さと凝縮感溢れる最高レベルのエレガントなワインを造ることを目指しています。 ■ベルリンテイスティング■  エラスリスのエデュアルド・チャドウィック社長が、評論家のスティーブン・スパリュア氏を迎えて、2004年1月にベルリンのリッツカールトン・ホテルでで開催した ≪ベルリン・テイスティング≫ (下記参照) では、ヨーロッパの著名なバイヤー、ソムリエ、ジャーナリストらが参加し、ボルドースタイルのワイン10種をブラインドでのテイスティングが行われ、エラスリスの3つのフラッグシップのアイテムのうち、 ≪ヴィニェド・チャドウィック≫ の2000年、≪セーニャ≫2001年が、ボルドー1級の≪CH.ラフィット・ロートシルト≫≪CH.ラトゥール≫≪CH.マルゴー≫の2000年、スーパータスカンの≪サッシカイア≫≪ソライア≫などを上回り、世界に衝撃を与えました。 ※ベルリン・テイスティング  「ベルリン・テイスティング」とは、デキャンター誌を監修するスティーブン・スパリエ氏が、「ラベル」や「先入観」に影響されない、公平なブラインド・テイスティングのもと、 「ワインそのものの本質」、「背後にあるテロワールの個性」を伝えるため、2004年、ベルリンで初めて開催し、 その後、場所をブラジル(2005年)、 東京(2006年) に移し開催しており、「歴史を塗り変えた」その結果は、出席した多くのワインジャーナリスト、識者に衝撃を与えています。 そして、2006年6月15日には、 ベルリン・テイスティング東京版 (下記参照) が開かれ、香港や台湾など海外の来賓を含む、ソムリエ、ワイン商、ジャーナリストら72人のプロがブラインドでテイスティングし、結果、≪セーニャ(2ヴィンテージ)≫ ≪ヴィニェド・チャドウィック≫ ≪ドン・マキシミアーノ≫ らが5位までのうち4本を占め、東京版でもチリワインが世界のトップシャトーに引けをとらない凄さを認識させました。 ※東京テイスティング       (2006.6.15/於ジョージアンクラブ)  2006年6月15日、ヴィーニャ・エラスリスの当主、エドワルド・チャドウィック氏が来日し、約40名のワイン識者出席のもとボルドー、イタリア、チリのグラン・ヴァン・ブラインド・ テイスティングを開催し、結果、第一位に輝いたのは、ベルリン・テイスティング同様、 ヴィニエド・チャドウィック2002 で、 ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・ レゼルヴ2003 も第三位ながら、「満点」の 評価を最も多くの人から与えられました。 ※正規輸入元取扱い Errazuriz Vinedo Chadwick 2011 / Cilie Red Dry エラスリス ヴィニェド チャドウィック 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部セントラル・ヴァレー地方マイポ・ヴァレー地区                 プエント・アルトのヴィニェド・チャドウィック畑 ヴィニェド・チャドウィックはサンティアゴの南東地区にあるマイポ河の北側のアンデス山脈の麓のプエント・アルトに位置し、マイポ・ヴァレー最高のテロワールの一つ(とりわけ卓越した品質のボルドー品種のの赤ワインを造るため)と見なされ、ブドウ園の海抜とアンデス山脈から吹く冷涼な朝の微風と穏やかな日中の気温は、ブドウ果が輝きと新鮮な酸味を少しも失うことなく成熟の完璧な状態に到達することをもたらしました。 日中と夜間の気温の幅広い変動は、この地域からのワインの中で鮮烈な色あいをもたらす要因の一つで、また、岩石から成る底土を伴った沖積層を起源の適度に肥沃な土壌は、素晴らしい排水で、植物の成長と果実の収穫の間で理想的なバランスをもたらします。 D O セントラル・ヴァレー 畑の所在 プエント・アルトのヴィニェド・チャドウィック かつてチャドウィック家の別荘地であった地に、 カベルネ・ソーヴィニヨン13.7ha、カベルネ・フラン0.5ha、 カルメネール1.17haを植樹。 生産量 2010ヴィンテージ:800ケース ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン100%  (※単一のブドウ園、チャドウィック・ヴィンヤードの異なる小区画のもの) 収 穫 *航空写真により、成熟の進行具合を見極めて収穫時期を決定。 *品質を損なわないために早朝に手摘み収穫。 工 程 *ブドウ果が高い気温にさらされることを避けるために12kg容量の箱で早朝に搬入。 *成熟段階は航空写真とを通して監視して、収穫を同種のロットに分類。 *セラーに到着するとすぐに、植物の付着物や、あるいは果汁の品質を変えてしまう不完全なブドウ果を除去するためにブドウ果を注意深く調査。 *小さなステンレスタンクで絶対に必要なものに対して果皮の高い比率で醗酵(24~28℃)。 *タンクの容量の50~100%の毎日の液循環も実施(望ましい抽出の程度に依る)。 *各ロットのに従って計18~35日間(24~27℃)の醗酵で最大限に香りと色を取得。 *フランス産オーク新樽(新樽率100%)で19ヶ月間熟成。 *マロラクティック醗酵はオークとの統合を助けるために樽で実施。 諸処理 *タンクの容量の0.5~1.0倍で醗酵している間に、日に3回のポンピング作業実施。 *樽熟成中に自然の力で清澄処理実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 インクのように濃い色合いとベリー系の果実の芳香、柔らかなタンニン、力強さと凝縮感溢れる最高レベルのエレガントなスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

エラスリスヴィニェドチャドウィック 2011 年 750ml チリ 赤 楽フェス ポイント2倍 人気,人気セール —— 20,500円

チリ

コンチャイトロテルーニョ カベルネソーヴィニヨン 2010 年 750ml チリ赤 楽フェス ポイント2倍 限定セール

Terrunyo Cabernet Sauvignon 2010 テルーニョ カベルネ・ソーヴィニヨン 2010 生産者 コンチャ・イ・トロ / Concha y Toro 国 チリ / Chile 地方 セントラル・ヴァレー / Central Valley 地区 マイポ・ヴァレー / Maipo Valley 原産地呼称 D.O. プエンテ・アルト / D.O. Puente Alto 容量 750ml 受賞暦 2009年ヴィンテージ:ジャパン・ワイン・チャレンジ2012金賞 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 『テルーニョ』とは「テロワール」の意味。その名の通り、コンチャ・イ・トロ社の所有する7,600haの広大な畑の中から、ピルケの畑のテラザス地区で栽培されたブドウを厳選して使用しています。黒い果実を中心とした濃縮感のあるアロマ、しっかりしたタンニン、長い余韻が特長のエレガントで洗練されたワインです。 料 理 ハーブや酸味のあるソースを使った肉料理、ブルーなど様々なチーズ

コンチャイトロテルーニョ カベルネソーヴィニヨン 2010 年 750ml チリ赤 楽フェス ポイント2倍 限定セール —— 3,300円

チリ

コンチャイトロドンメルチョカベルネソーヴィニョン 2009 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 全国無料,全国無料,HOT

コンチャ・イ・トロ ドン・メルチョ・カベルネ・ソーヴィニョン 2009年 ■コンチャ・イ・トロ■  コンチャ・イ・トロ社は、1883年ドン・メルチョーとその妻の家族によりセントラルヴァレーのマイポ地区で始めたワイナリーで、現在では、2000haの畑を所有するチリ最大のワイナリーです。 害虫の発生がほとんどない等のチリならではの恵まれた条件を最大限に生かし、品質向上のため最新技術を積極的に導入し、また、1997年よりフランスのボルドー・メドック地区格付第1級CH.ムートン・ロートシルトと提携し、コンチャ・イ・トロの傘下にあるサンタ・エミリアーノからシャルドネとカベルネ・ソーヴィニョンのヴァラエタル・ワインを生産し、また、マイポ・ヴァレーのプエンテ・アルトに用意した畑から、チリ最高のカベルネ・ソーヴィニョンを主体にしたワインを生産する計画も進んでいます。(・・・詳細&一覧) ■ドン・メルチョー■  1987年コンチャ・イ・トロ社は、気候風土がブドウ作りに最も適したマイポ・ヴァレーの中でも、とくに最良の畑プエンテ・アルトで作られたカベルネ・ソーヴィニヨン、この厳選された素材を生かして「偉大な」ワインを造ることになりました。 創業者ドン・メルチョーの名を冠した、堂々たるワインは、細かな区画ごとに完璧な状態で手摘みされるブドウを、十分な時間をかけて熟成し、丁寧に瓶詰めされ、最高の素材と細心の技術によって作り上げられたワイン、それが≪ドン・メルチョー≫です。  濃厚でふくよかなサクランボの香り、アンデス山脈を思い浮かべる森林の香り、そしてまろやかなタンニンと苦みのあるビターチョコレートのような渋みを持つ≪ドン・メルチョー≫は、ワインスペクテーター誌上で、 世界のトップ12 にランクインし、豪華客船クイーン・エリザベスII世号のワインリストに載せられている銘酒です。 まちがいなくチリ最高のカベルネ・ソーヴィニョンの1つであり、ボルドーのトップシャトーを意識したスタイルで、その評価を守るため良作年にしか醸造しないといわれる非常に価値ある銘柄で、南米最高の赤ワインとし て知られるスーパークォリティ・プレミアムワインです。(・・・一覧) ※正規代理店取扱い品 Concha y Toro / Don Melchor 2009 / Chile Red Dry コンチャ イ トロ ドン メルチョ 生産者 コンチャ・イ・トロ 生産地 チリ中央部セントラル・ヴァレー地方マイポ・ヴァレー地区プエンテ・アルト・ヴィンヤード 年間生産量 20,000ケース 平均樹齢 30年以上(※1979年植樹) ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン96%  カベルネ・フラン4% 収 穫 手摘み 醗酵・熟成 フレンチオーク樽(新樽率:60%)で15ヶ月間の熟成 諸処理 *So2の添加はビン詰め時極少量使用。 *清澄はするが、ろ過はしない。 *瓶詰め後、12か月静置。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 深みのある濃いルビーの色合いに、熟したプラムやカシス、チョコレートやタバコの香りにヴァニラの風味とミントっぽいスパイシーさが漂い、とても濃厚で凝縮感のあるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

コンチャイトロドンメルチョカベルネソーヴィニョン 2009 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 全国無料,全国無料,HOT —— 8,000円

チリ

ルディスドロスヴァスコス 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,人気

※正規輸入元取扱品です。 LE DIX DE LOS VASOCOS (Domaines Barons De Rothschilr) 2012 Chile Red Dry ル・ディス・ド・ロス ヴァスコス (ドメーヌ バロン ド ロートシルト) ル・ディス・ド・ロス・ヴァスコス 2012 Le Dix de Los Vascos 2012 生産国チリ生産地域コルチャグア・ヴァレーブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カルメネール10%シラー5%タイプ赤アルコール度数:14%気候と収穫状況:手摘み後選果台にて丹念に選果を行い、除梗、破砕。 30℃に温度管理されたステンレスタンクで醗酵を行う。 パンピングオーバーによる強めの抽出がなされる。 その後、20~25日かけてマセラシオン。 ラフィットグループ専用フレンチオーク新樽100%で18ヶ月熟成。

ルディスドロスヴァスコス 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,人気 —— 3,700円

チリ

ロスヴァスコス カベルネソーヴィニヨン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作登場,格安

ロス・ヴァスコス カベルネ・ソーヴィニョン 2013年 ■ヴィニャ・ロス・ヴァスコス■  1750年の創業以来チリを代表するワイン生産者として確固たる地位を築いてき ロス・ヴァスコスは、1988年に 第1級 CH.ラフィット・ロートシルト を所有するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(DBR)が2,200haの土地(内、220haがワイン畑)を取得し、その名は18世紀からこの土地を所有し、ワイン作りに取り組んできた ≪スペイン・バスクの人々(Vascos)≫ への敬意をこめて付けらています。 その輝ける伝統に新たな流れを生み出すべく、経営権を取得、品質向上のため大規模な改革を断行し、フィロキセラに侵されていない素晴らしいブドウ畑からラフィットの技でチリ最高の銘酒を生み出しています。 クリスチャン・ル・ソメール氏をコンサルタントに派遣し、現地のワイン作りに精通するメンバーを招集してプロジェクトチームを結成し、海と山に囲まれ、砂ー粘土質の土壌が織りなすミクロクリマと、シャトー・ラフィット・ロートシルトでも行われた徹底した土壌研究・気候分析など先端技術を見事に融和させ、チリワインならではの果実味とふくらみにボルドーワインのエレガンスを兼ね備えたワインを作り続けています。(・・・詳細&一覧) ■ロス・ヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニョン■  カベルネ・ソーヴィニヨンは、ドメーヌの名を世に知らしめたロス・ヴァスコスの典型的なワインで、どの年代のものもよく熟した果実の特徴と新鮮なアロマを持ち、しなやかで肉付きの良い構成をしています。 。 ※正規輸入元取扱品です。 Vina Los Vscos (Domaines Barons De Rothschilr) / Cabernet Sauvignon 2012 Chile Red Dry ヴィニャ ロス ヴァスコス(ドメーヌ バロン ド ロートシルト)カベルネ ソーヴィニョン 2013 生産者 ヴィニャ・ロス・ヴァスコス(ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト) 生産地 セントラル・ヴァレー地方ラペル・ヴァレー地区コルチャグア・ヴァレー 年間生産量 平均:350,000ケース ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン100% 工 程 *手摘み収穫。 *タンクに送入される前の一次選果を入念に進めるため、収穫ブドウはカジェットと呼ばれる小カゴに入れて運搬。 *ステンレスタンク(区画別)での注意深く温度管理実施。 *7月と8月にそれぞれのタンクのテイスティングを数回実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 豊潤な果実とスパイスの複雑性に富んだ芳香とシルクのような滑らかなさが特徴。 料理 チーズ ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 (※サーブ1時間前に抜栓 / 15℃から17℃が適温)

ロスヴァスコス カベルネソーヴィニヨン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新作登場,格安 —— 1,300円

チリ

ヴィニャエラスリス カイカルメネール 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 人気定番,品質保証

≪エラスリス第4プレミアムワイン≫ ヴィニャ・エラスリス カルメネール・カイ 2012年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■カイ(KAI)■  十分な日照量、昼夜の大きな気温差、長いハングタイムが可能なアコンガグア・ヴァレーは、 カルメネール の栽培に非常に適しているので、エラスリスはアコンカグア・ヴァレーに所有するのMAX II と V の区画から最上のブドウ(1992~1993年植樹)のみを使用しており、 MAX II、V の2区画ともに、河川活動によって造られた沖積土壌を覆うように、崩石土壌が広がり、表土近くには、砂や岩石の多い、ローム層が見られ、生まれるワインは、くどい濃縮ではなく、エレガンスもあり、酸が低くなりがちなカルメネールにあって、バランスの良いワインが産出されます。 さらに、カルメネールの主要産地の中でも北に位置するアコンカグア・ヴァレイは秋雨の影響もなく、収穫は5月上旬まで十分に待つことができる点も大きな要因の一つです。 ≪カルメネール/Carmenere≫  チリの先住民族であるマプチェ族の言語には「形容詞」が存在しないため、ある言葉を形容する場合、1つの言葉を繰り返すことで抑揚をつけており、その影響を受け、チリアン・スパニッシュにも、個性豊かな言葉の表現が見られます。 「Bío Bío=大きな河」「Llay Llay=風の強い場所」そして、 「Merlot Merlot= 真のメルロ」 それに対して、 「Merlot Chileno」 と呼ばれていたのが カルメネール です。   ≪MAX II ≫  粘土質ローム層にはカベルネ・ソーヴィニヨン、火山灰土壌にはシラー、浅い砂質のローム層にはカルメネールを植樹。  *植樹品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、 カルメネール  *ワイン: KAI  シラーズ・ラ・クンブレ       マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニョン       マックス・レゼルヴァ・シラー   ≪MAX V ≫  アコンカグア川沿いに広がる沖積土壌で、平坦な土地のため、タンニンはマイルドなものに育ち、 また、MAX V はドン・マキシミアーノ・エステートの中でも涼しい気候のため、エレガントなブドウが生育。  *植樹品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、 カルメネール  *ワイン: KAI  シラーズ・ラ・クンブレ       マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニョン       マックス・レゼルヴァ・カルメネール また、エラスリスでは、1992 年にはカルメネールとメルロとを区別するようになっていて、先に発売された、エステートやシングル・ヴィンヤードワインには、パーカー氏評価では90点以上を与えられる等、すでに数多くの高い評価を与えられています。 「カイ」は、カルメネールにシラーとプチ・ヴェルドをブレンドすることで、複雑味が増し、エレガンスとバランスに秀でた味わいをもたらします。(・・・一覧へ)   ※チリ2012ヴィンテージ情報:   ※メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています ※正規代理店取扱い Errazuriz Kai Carmenere 2012 / Chile Red Dry エラスリス カルメネール カイ 2012 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレー地区ドン・マキシミアーノ・ヴィンヤードのIIとV D O アコンカグア・ヴァレー 畑の所在 パンケウエの敷地内 生産量 2011ヴィンテージ:700ケース ブドウ品種 2011ヴィンテージ:カルメネネール96%  プティ・ヴェルド4% 収 穫 早朝に手摘み収穫し、注意深くワイナリーに運搬。(収穫:2010年5月第1週と第2週) 2011 工程 *手摘み収穫後、ワイナリーへ搬入。 *選別台で2度の検査実施(ワインの最終的な品質に影響を及ぼす他の植物と不良なベリー果を除去)。 *圧搾後、果汁をステンレスタンクに移し、24~28℃で醗酵。 *カルメネール果皮浸漬は最長30日間で、プティ・ヴェルドはちょうど7日間。 *最終的なブレンドの段階で、プティ・ヴェルド5%をブレンド(より多くの芳香と風味を層に形成する事によってもたらされる複雑性と深みを高めるために)。 *フランス産オーク樽(新樽95%)で22ヶ月間熟成。 諸処理 *数回のルモンタージュ/果帽の液中循環作業(反応性タンニンの重合を育て、潜在的な草っぽさを除去し、色づきを助けるために)実施。 *フランス産オーク樽100%へ移す際に直接澱引き。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 決して濃厚すぎることのない、カルメネールらしい独特な濃縮感とアコンカグアらしいエレガンスが充分に反映された、タンニンのバランスも良いスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

ヴィニャエラスリス カイカルメネール 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 人気定番,品質保証 —— 15,400円

チリ

ヴィニャエラスリス シングルヴィンヤード ヴィオニエ マルサネ ルーサンヌ 2009 年 750ml 白ワイン チリ 楽フェス ポイント2倍 HOT,送料無料

ヴィニャエラスリス シングルヴィンヤード ヴィオニエ マルサネ ルーサンヌ 2009 年 750ml 白ワイン チリ 楽フェス ポイント2倍 HOT,送料無料 —— 2,800円

チリ

ヴィニャエラスリスドンマキシミアーノファウンダーズリザーヴ 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 格安,SALE

ヴィニャ・エラスリス ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ 2012年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ■  パンケウエの敷地内にある創業者の名をとったドン・マキシミアーノ畑があり、この区画から産出される最高峰のワインです。 エラスリスは創業当時からカベルネ・ソーヴィニヨン100%のレゼルヴを造っていましたが、1989年よりベスト・セレクションのキュヴェをリリースし、これが1993年より「ファウンダーズ・リザーヴ」の名でリリースされるようになりました。 数々のブラインドテイスティングでも、ボルドーの グラン・ヴァンに勝利する、世界に誇るウルトラ・プレミアムワイン、ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・レゼルヴは、 ランチリ航空、オランダ航空、スイスエアー等の ビジネスクラスでもサービスされています。 エラスリスのエデュアルド・チャドウィック社長が、評論家のスティーブン・スパリュア氏を迎えて、2004年1月にベルリンのリッツカールトン・ホテルでで開催した ≪ベルリン・テイスティング≫ (下記参照) では、ヨーロッパの著名なバイヤー、ソムリエ、ジャーナリストらが参加し、ボルドースタイルのワイン10種をブラインドでのテイスティングが行われ、エラスリスの3つのフラッグシップのアイテムのうち、 ≪ヴィニェド・チャドウィック≫ の2000年、≪セーニャ≫2001年が、ボルドー1級の≪CH.ラフィット・ロートシルト≫≪CH.ラトゥール≫≪CH.マルゴー≫の2000年、スーパータスカンの≪サッシカイア≫≪ソライア≫などを上回り、世界に衝撃を与えた。 ※ベルリン・テイスティング  「ベルリン・テイスティング」とは、デキャンター誌を監修するスティーブン・スパリエ氏が、「ラベル」や「先入観」に影響されない、公平なブラインド・テイスティングのもと、 「ワインそのものの本質」、「背後にあるテロワールの個性」を伝えるため、2004年、ベルリンで初めて開催し、 その後、場所をブラジル(2005年)、 東京(2006年) に移し開催しており、「歴史を塗り変えた」その結果は、出席した多くのワインジャーナリスト、識者に衝撃を与えています。 そして、2006年6月15日には、 ベルリン・テイスティング東京版 (下記参照) が開かれ、香港や台湾など海外の来賓を含む、ソムリエ、ワイン商、ジャーナリストら72人のプロがブラインドでテイスティングし、結果、≪セーニャ(2ヴィンテージ)≫≪ヴィニェド・チャドウィック≫ ≪ドン・マキシミアーノ2003年≫ が5位までのうち4本をチリワインが占め、東京版でも世界のトップシャトーに引けをとらない凄さを認識させました。 ※東京テイスティング(2006.6.15/於ジョージアンクラブ)  2006年6月15日、ヴィーニャ・エラスリスの当主、エドワルド・チャドウィック氏が来日し、約40名のワイン識者出席のもとボルドー、イタリア、チリのグラン・ヴァン・ブラインド・ テイスティングを開催し、結果、第一位に輝いたのは、ベルリン・テイスティング同様、 ヴィニエド・チャドウィックで、 ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・ レゼルヴも第三位ながら、「満点」の 評価を最も多くの人から与えられました。 ※正規品 Errazuriz Don Mximiano Founders Reserve 2012 Chili Red Dry エラスリス ドン マキシミアーノ ファウンダーズ リザーヴ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレー地区ドン・マキシミアーノ畑のパンケウエの敷地内のMAX1.2.5 ドン・マキシミアーノ・ヴィンヤードはヴァレ・ド・アコンカグア(大西洋からの優しい午後の微風によって冷やされた適度に暑い夏の日中を伴った長期にわたる乾燥シーズンを特色とする地域)に位置します。 ドン・マキシミアーノのためのカベルネ・ソーヴィニョンは、ドン・マキシミアーノの敷地の MAX1 (1978年植樹)、 MAX2と5 (1993年植樹)のヴィンヤードから選んでおり、シラーとプティ・ヴェルドはMAX1ヴィンヤード産で、カベルネ・フランは渓谷の中央部分に位置する自社所有のヴィンヤード産です。 ヴィンヤードは北向きか北東向きの5~25度の斜面に植えられており、MAX1ヴィンヤードの土壌は、細かな粒子の花崗岩の薄い層から成り、一方、MAX2ヴィンヤードはもともと30~40%の石の合成物で崩積源です。 これらの土壌断面は素晴らしい排水とブドウ木の低~中程度の潜在能力を確実なものとし、結果、植物の生育と豊かな収量の間に素晴らしいバランスをもたらし、また、MAX5の石を50%含有する深い沖積土壌は、卓越した排水を提供し、適度な活力の申し分のないバランスを備えたブドウ木を育てます。 ブドウ樹は、主枝を水平にワイヤーに固定して新梢を垂直に伸ばす平垣根造り(長梢剪定を採用するのがギュヨ、短梢剪定がコルドン)に仕立て、品種とテロワールに応じて、短枝や茎を除去します。 航空写真から、ブドウ園を活力と収穫によって分類(各特定のロットの熟成の状況に従って)します。 ※マックスI : ワイナリーがあるエラスリスの本拠地で、チリで始めて斜面に植樹されたドン・マキシミアーノの丘(最も急なところで、傾斜45度の斜面を持つ)とその麓の平地の畑で、 朝晩の寒暖差が大きいので、凝縮度の高い、しっかりとした骨格をもたらすブドウが収穫され、 「Don Maximiano Founder’s Reserve」 「Shiraz La Cumbre」といったワールドクラスのプレミアムワインを生産。 粘土質ローム層にはカベルネ・ソーヴィニヨン、斜面上部の花崗岩土壌にはシラー、平地の風化した花こう岩の浅い土壌にはメルロ等を植樹。 ※マックスII:  粘土質ローム層にはカベルネ・ソーヴィニョン、火山灰土壌にはシラー、そして、浅い砂質のローム層にはカルメネールを植樹。 ※マックスV:  アコンカグア沿いに広がる沖積土壌で、フラットな土地のため、タンニンのマイルドなブドウが育ち、ドン・マキシミアーノ・エステートの中で最も冷涼な気候のためにエレガントなブドウがは育まれ、カベルネ・ソーヴィニョン、シラー、カルメネールを植樹。 D O アコンカグア・ヴァレー 生産量 2011ヴィンテージ:5,000ケース 品 種 2011ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン75%  カルメネール10%            プティ・ヴェルド10%  マルベック5% 収穫 早朝に手摘み収穫し、12kg容量の箱で注意深くワイナリーに運搬。 2011 工程 *選果台で2度の選果により、不完全な果実を除去。 *選別酵母を用いて、スキンコンタクトを最大限に行うために小容量のステンレスタンクで24℃から28℃の間の温度で果汁を醗酵。 *各ロットの発達状況に応じて、計16~35日間(24℃~28℃)の浸漬。 *全てのロットをフレンチオーク樽(新樽率85%)で22ヶ月間熟成。 *マロラクティック醗酵、清澄、酒石安定はバレルの中で自然発生。 諸処理 *毎日の3度の液循環作業は、それぞれのケースで望ましい抽出レベルに応じて、タンクの容量の0.5~1.5倍を循環。 *タンクに長く静置することで自然清澄を促進。 *極軽いろ過処理を経て瓶詰。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 インクのように濃い色合いを持ち、少し、質のよいぽいやっくのワインを思い起こさせる動物的なニュアンスのある濃厚な香りと、タンニンの充分な驚くほど濃厚な味わいを備えるスタイル。 瓶熟成により、ワインにドン・マキシミアーノ・エステートの特徴であるミント風味が生まれ、最大15年間は、成長し続けるタイプ。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

ヴィニャエラスリスドンマキシミアーノファウンダーズリザーヴ 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 格安,SALE —— 7,300円

チリ

ヴィニャエラスリスマックスレゼルヴァメルロ 2011 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 限定セール,定番人気

ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・メルロ  2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ「メルロ」■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤードに因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤードのブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズは、5つの赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シラー、ピノ・ノワール、カルメネール)と2つの白ワイン(シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン)が造られていますが、いずれも 穏やかな暖かな夏の日中と午後に吹く涼しい微風の地中海性気候のアコンカグア・ヴァレーに位置するエラスリスの自社畑のブドウが用いられています。 マックス・レゼルヴァ・メルロは、アコンカグア・ヴァレーのMAX1と4 の2つの畑のブドウを用いており、この地域は、乾燥した暑い夏が特徴の地中海性気候 を持ちますが、午後からアンデス山脈から吹き下ろす強い風が、 日中の暑さを和らげ、さらに、朝晩の大きな寒暖差によってブドウの成熟はゆっくり進むため、酸をしっかりと保ちやすくなり、そのために、糖度と酸度が高次元でバランスするような完璧なブドウの成熟が望めます。 MAX1は1978年に植樹されたフレンチクロ ーン181、MAX4は1993年にカベルネ・ソーヴィニヨンの台木に接ぎ木されたフレンチクローン346で、どちらの区画も北~北東 向き、傾斜 5 度の平地に近い畑で、また、MAX1の土壌は、樹勢が弱い 風化した花崗岩の浅い土壌で、MAX4は、石のない粘土質 ローム層の深い土壌で樹勢は弱めから中程度です。 また、ドリップ・イリゲーション(ドリップ式灌漑/drip irrigation)、高い密植度、垂直格子仕立て(vertical trellising)システムを導入しており、こうして生まれたマックス・レゼルヴァ・メルロは、円熟味のある果実味が何層にも重なって豊かに広がり、濃厚なブラックベリー、コーヒーやタバコ、テロワールを感じさせる土やハーブの香り、フレンチオークに起因する趣も調和し、丸みがあり、なおかつ、豊かなタンニンと飛びぬけてバランスの取れたワインとなります。(・・・一覧 ) メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています ※正規輸入元取扱品 Vina Errazuriz / Max Reserve Merlot 2011 / Chili Red Dry ヴィニャ エラスリス マックス レゼルヴァ メルロ 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方アコンカグア・ヴァレーのエラスリス所有のマックス・エステートのマックス1とマックス4のブドウ園 D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 メルロ85% カルメネール15% (マックス1区画/標高550mとマックス4区画/標高520m) タイプ 赤のフルボディ 特 徴 円熟味のある豊かな果実味と傑出したバランスを備えたスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。

ヴィニャエラスリスマックスレゼルヴァメルロ 2011 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 限定セール,定番人気 —— 2,000円

チリ

赤ワイン チリ コンチャイトロマルケスデカーサコンチャカベルネソーヴィニヨン 2012 年 チリ赤 楽フェス ポイント2倍 新作登場,限定セール

「コンチャ・イ・トロ」 1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、世界有数のワイン銘醸地ボルドーからブドウの苗をチリへ持ち込み、ブドウ栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにブドウ畑を開拓し、コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、1923年にはサンティアゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインをロッテルダム港へ荷揚げしました。1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を取り入れてワイナリーの近代化に努めています。 【『マルケス・デ・カーサ・コンチャ』】 『マルケス・デ・カーサ・コンチャ』の称号は、1718年、スペインのフィリップ王よりコンチャ家に与えられたものです。コンチャ・イ・トロ社の創始者ドン・メルチョー氏は、世襲により7代目マルケス(侯爵)デ・カーサ・コンチャとなります。1976年、コンチャ・イ・トロ社はこの伝統的で高貴な爵位を称えるべく、『マルケス』という名のワインをリリースしました。当時のフラッグシップワインであったマルケスは、90年代を通じてその品質を向上させ、世界で数多くの賞賛を得るに至りました。 《コンチャ・イ・トロ マルケス・デ・カーサ・コンチャ カベルネ・ソーヴィニヨン》 熟したサクランボ、カシス、ブラックベリーなどの果実のアロマに、杉、スモークしたタールなど、非常に複雑な香りを持ちます。しっかりとしたタンニンとシルクのような舌触り。力強さとエレガンスを兼ね備えたワインです。 Marques de Casa Concha Cabernet Sauvignon 2012 マルケス・デ・カーサ・コンチャ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012 生産者 コンチャ・イ・トロ / Concha y Toro 国 チリ / Chile 地方 セントラル・ヴァレー / Central Valley 地区 マイポ・ヴァレー / Maipo Valley 原産地呼称 D.O. プエンテ・アルト / D.O. Puente Alto 容量 750ml 受賞暦 2012年ヴィンテージ:デカンター・ワールド・ワイン・アワード2014銀賞 タイプ 赤のフルボディ 評価情報  2011年ヴィンテージ:ワイン・スペクテイター93点(2014年3月)、 2010年ヴィンテージ:ワイン&スピリッツ ベストチリワイン カベルネ・ソーヴィニヨン部門(2014年2月) 特 徴 『マルケス(侯爵)・デ・カーサ・コンチャ』の称号は、1718年、スペイン国王よりコンチャ家に与えられたものです。コンチャ・イ・トロ社はこの爵位を称えるべく、『マルケス』という名のワインをリリースしました。濃縮感のある香り、しっかりしたタンニン、シルキーな舌触りは、『伝統』と『高貴』の象徴です。 テイステイングコメント  深い赤色の外観。熟したサクランボ、カシス、ブラックベリーなどの果実のアロマに、杉、スモークしたタールなど、非常に複雑な香りを持ちます。しっかりとしたタンニンとシルクのような舌触り。力強さとエレガンスを兼ね備えたワインです。 料 理 ソースのしっかりした肉料理、チーズ

赤ワイン チリ コンチャイトロマルケスデカーサコンチャカベルネソーヴィニヨン 2012 年 チリ赤 楽フェス ポイント2倍 新作登場,限定セール —— 1,600円

チリ

赤ワイン チリ ロスヴァスコス グランドレゼルブ 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 2015,送料無料

ロス・ヴァスコス グランド・レゼルブ 2012年 ■ヴィニャ・ロス・ヴァスコス■  1750年の創業以来チリを代表するワイン生産者として確固たる地位を築いてき ロス・ヴァスコスは、1988年に 第1級 CH.ラフィット・ロートシルト を所有するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(DBR)が2,200haの土地(内、220haがワイン畑)を取得し、その名は18世紀からこの土地を所有し、ワイン作りに取り組んできた ≪スペイン・バスクの人々(Vascos)≫ への敬意をこめて付けらています。 その輝ける伝統に新たな流れを生み出すべく、経営権を取得、品質向上のため大規模な改革を断行し、フィロキセラに侵されていない素晴らしいブドウ畑からラフィットの技でチリ最高の銘酒を生み出しています。 クリスチャン・ル・ソメール氏をコンサルタントに派遣し、現地のワイン作りに精通するメンバーを招集してプロジェクトチームを結成し、海と山に囲まれ、砂ー粘土質の土壌が織りなすミクロクリマと、シャトー・ラフィット・ロートシルトでも行われた徹底した土壌研究・気候分析など先端技術を見事に融和させ、チリワインならではの果実味とふくらみにボルドーワインのエレガンスを兼ね備えたワインを作り続けています。(・・・詳細&一覧) ■ロス・ヴァスコス・グランド・レゼルブ■  樹齢の高い「エル・フライレ」畑を中心に、より良質のぶどうのみを選りすぐってつくられるワイン。収穫は全て手摘み、伝統的なボルドーの技法で醸され、フレンチオークで熟成。コルチャグアウ゛ァレーのテロワールと、ラフィットスタイルを色濃く反映した、力強く、複雑なブーケが特長の、コストパフォーマンスに優れたワインです。 ※正規輸入元取扱品です。 Vina Los Vscos (Domaines Barons De Rothschilr) / Grande Reserve 2012 Chile Red Dry ヴィニャ ロス ヴァスコス(ドメーヌ バロン ド ロートシルト)グランド レゼルブ 2012 生産者 ヴィニャ・ロス・ヴァスコス(ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト) 生産地 セントラル・ヴァレー地方ラペル・ヴァレー地区コルチャグア・ヴァレー ブドウ品種 カベルネソーヴィニヨン75% 、カルメネール10% シラー10%、マルベック5% 工 程 *手摘み収穫。 *タンクに送入される前の一次選果を入念に進めるため、収穫ブドウはカジェットと呼ばれる小カゴに入れて運搬。 *醗酵は27-29℃に温度管理されたステンレスタンクで行なう。 伝統的なパンピングオーバーの方式を使い、濃い色合いとしっかりとした構成のワインに仕上げる。 マロラクティック発酵を行ない、フレンチオーク樽(新樽30%)で10ヶ月熟成。 タイプ 赤のフルボディ 度数 14% 特 徴 樹齢の高い「エル・フライレ」畑を中心に、より良質のぶどうのみを選りすぐってつくられるワイン。収穫は全て手摘み、伝統的なボルドーの技法で醸され、フレンチオークで熟成。コルチャグアウ゛ァレーのテロワールと、ラフィットスタイルを色濃く反映した、力強く、複雑なブーケが特長の、コストパフォーマンスに優れたワインです。 料理 チーズ ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 (※サーブ1時間前に抜栓 / 15℃から17℃が適温)

赤ワイン チリ ロスヴァスコス グランドレゼルブ 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 2015,送料無料 —— 1,800円